www.jobberlures.com

事故に遭った際交通事故の被害者であったとしても、事故を起こした相手がミスを一切受容しないケースは多数聞くことがあります。一例として、意思と関係して起したのではなく注意が足りなくて乗っていた車を追突された場合などに言い争いに発展する状況がありえます。例えそうであっても、そのまま自動車だけの交通事故処理され時間が経って症状が現われてから診断書を警察署に出すということは対処が遅れるとなるのは否めません。それなら、車での事故の過失割合の認定にはどのような目処があるのでしょうか。正しく言うと、警察が決めるのは、主に自動車での事故の責任が存在するのは関係したドライバーのどちらかという責任の所在であって、過失の割合がどうなのかということではないのです。まして、決められた事故責任者がはっきりする事は状況は全くありません。従って、過失割合は事故にあった両者の相談により明確にされこの結果が損害賠償額の算定の基準となります。この場合、両方が任意保険に加入していない場合は本人同士がじかに調整をせざるを得ません。だけど、当然の事ですがこういうやり取りでは、感情的な押し問答になる場合が高いです。まして、互いの主張が食い違えば悪くすると、裁判所に突入しますが、それは年月と裁判にかかるコストとても大きなロスを避ける事ができません。そこで概ね互いの運転手に付く自動車の保険会社、そういった双方の保険の会社に話し合いを全て任せる対応を駆使して、相当な「過失割合」を決めさせます。その場合、保険会社は、以前の自動車の事故の裁判によって導きだされた判断から出された認められた基準、判例集などを元に予想と話し合いをして「過失割合」を決定します。そうであっても自動車の事故においては巻き込まれてしまったのか他者を巻き込んでしまったのかによらず、第1に110番に連絡するのが絶対です。その後で保険の会社に連絡をして、今後のやり取りを一任するのが順番になります。正しいやり方さえ分かっていれば、無益な議論となる事を未然に防止できるに違いないのです。
Copyright © 1999 www.jobberlures.com All Rights Reserved.