www.jobberlures.com

事故があった場面で己が交通事故の被害者であるにもかかわらず相手方がミスをこれっぽちも受け入れないという事例は数多くみられます。ひとつの例として、わざと起したのではなくちょっと気が抜けて車を激突した状況などにそうした争いにつながってしまう危険性がありがちです。例えそうであっても、そこで物損とされ、後で症状が出た時に証拠書類を警察署に提出するということは遅れを取るというのはしょうがなくなります。そうであるなら、自動車の事故の過失割合の確定にはどういう認定基準が決まっているのでしょうか。細かく申し上げますと、警察が結論付けるのは、自動車事故の大きな手落ちが存在するのはどちらかという責任の有無であり過失の割合ではありません。さらに、最終的に決められた責任者が警察から明確にされる事は事態は有り得ないです。そのため、割合は当事者の協議によって決定されこの事が賠償額の基準です。この場合、関係者全員が任意で加入できる保険に入っていない状況では、当事者同士がダイレクトに交渉を余儀なくされます。しかしながら、当然の事ながらこのやり方では、非理性的な問答になる場合が高いです。それに加えて、主張に隔たりがあれば万が一の場合、裁判所にまで突入しますが、その場合多くの時間とコスト計り知れない損となります。このため多くの場合互いの運転手についている自動車の保険屋さん、このように両者の保険の会社にやり取りを任せる策を利用して、正しい「過失割合」を理性的に結論付けさせるのです。この場合には、保険の会社は、過去の交通事故の係争の判断から計算した認定基準、判断例等をベースに、仮定と交渉を行って割合を決定します。そうは言っても交通事故においては、巻き込まれてしまったのか巻き込んでしまったのかの状況を問わず第1に110番に連絡するのが鉄則です。その後自動車保険会社に電話をして、これからのやり取りを任せるのが順番となります。正しい手順さえ理解していれば互いの堂々めぐりの交渉となる事を回避できるに違いないのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jobberlures.com All Rights Reserved.