www.jobberlures.com

思いつきもせず突然出会うのが交通事故です。その場面でどんな対処するかが要因となり車の保険料の支払額もかなり大きく違ってくる時もありますので正しい決断力と対策が求められます。思いつきもしないケースに出会って動揺してしまったとしたら大切な対応を見落してしまい先々自分自身がかなり大きな損を被る場面も考えられるので事故に遭遇してしまった場合は正しく以下の対応をします。自動車の事故を起こしてしまった時に最も初めにする事は負傷者がいるかどうかのかを確認する必要があります。自動車事故直後は頭が混乱して喪心状態になってしまう場合がありなかなか対処できないのが一般的です。だから、負傷者がいた場合は危険じゃない地点に移動してから処置をして、周りの人に助けを求める等人命の最優先に努めましょう。119番に連絡する時にははっきりと事故現場を連絡し、不明確な場面では周辺の分かり易いデパートや場所名を連絡し事故の位置が判断できるようにします。その後で警察へ連絡して自動車事故が起きた事、現状を伝えます。救急車とパトカーを待っている内に怪我人の情報を聞きます。氏名、連絡先、免許証、車のプレート相手の自動車保険の会社名等相手だけでなく自分の身元を教えます。この時事故相手にミスがある場合は、そこで処理する状況が考えられますがその場所でうやむやにするのではなく、どういったケースであれ110番や保険会社に連絡して、正しく調査してもらいます。それぞれの身元をやり取りしたら他の人の妨げになることをやめるために障害になる物を道路の上から排除します。どうしても障害になる物が他の人の自動車の障害になっている時には自分と相手の情報を交換する以前にその作業を完了させても問題ありません。そしてあなたの加盟している保険屋さんに電話をして、車の事故が起きた事を電話します。車の事故から一定時間の時に保険会社に連絡しておかないと、保険の適用除外とされることも考えられるので時をおかずに電話をすることが重要です。さらに証拠として手持ちのカメラや携帯で事故の現場や愛車の破損箇所の写真を写しておきます。その写真は過失の割合決定する際にかなり重要な役割とできるので、あなたの車や相手方のクルマの状態を全部証拠として残しておくことが大切です。この際に第三者がいたのなら警官の方が保険会社の人が辿り着くまで事故現場に待ってもらうよう求めることも大切です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jobberlures.com All Rights Reserved.