被害者にも責任があると指摘されます

自動車事故は自分自身だけの自損事故と誰か別の人が巻き添えになった自動車の事故がございます。アテニア 口コミ

あなただけの事故の時には自分だけで処理をしてしまえば完了しますが、別の人が巻き添えになった自動車事故はどちら側にどれくらい落ち度があったのかを調査してその状況によって乗用車の修理の費用や示談金等が決められますので自動車の保険会社の有識者を交えながらの相談が必要となります。ライザップ 天神店

一般的な自動車での事故の場合、相手だけでなく自分にもいくらかの間違いがある状況が大部分でどちらかだけの落ち度だという場面はほとんどないようです。ライザップ 六本木店

もちろん赤信号で進んでしまった、一時停止を無視したなどの交通違反によって起きた事故はかなり大きな責任がありますが、被害者にも責任があると指摘されます。ミュゼトラベル

自動車での事故の際にはどの人の責任が原因かという結論が非常に大切にされるのでこの判断を数字で伝えるのが《過失割合》というものです。DDラボ 体験

先ほど記述した赤信号で止まらなかったり、一時停止でもそのまま進んだ状況では、道路交通法の上では相手の人が全ての責任があると考えがちですがもし事故の原因になった車が前の方から近づいていて自分の目で確かめられた状態だとすれば自動車事故の被害者でも注意不足であったとして10%ぐらいの落ち度があると判断されるかもしれません。

つまりその状況では事故を起こした方が9割自分1割の過失割合と言われ過失が大きいとそれに応じた過失が問われたりします。

そしてこの過失の割合車の事故の判例をものさしとして決められる時が多数あり、日弁連の交通事故相談センターから明らかにされている表などがものさしとして用いられています。

このような過失割合で、割り当てが高ければ責任結果として賠償額も大きくなりますから、事故に関する交渉は当事者だけでなく自動車の保険の担当を交えて落ち着いて相談する事が必要です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jobberlures.com All Rights Reserved.