カード会社の立場からみて不都合な使い方

換金する目的で列車等の乗車切符などを大量決済してしまう●クレジットの現金化サービスを使用せずに、自ら現金化を目的としてカード決済をすることであっても同じ事です。

現金化する方法を目的としたカードショッピングというものはクレジットカードのルール違反になってしまうことからです。

多量の新幹線の回数券であったり切手購入においてのクレジット使用をすると、時として現金化する目的なのでは??などと睨まれる恐れなどもありますので注意したほうが良いでしょう。

もし、利用時点でキャシング利用額の方がいっぱいとなられてしまっている場合においては、旅券を購買するだけでもクレジット発行会社の方から確認の連絡が来るということがあるため、金欠時の利用は不可能になっているのでしょう。

キャッシュに問題がある状況において頭をよぎる内容は誰でも、同じようなことであるのです。

カード会社の立場からみて不都合な使い方をすること:昔流行っていた『永久期間』というようなカードの会社にとって一つもプラスになり得ないような不当な取引をした場合には、クレジット会社の判断で強制失効させられる事実もあるようです。

ネットで話題となったポイントの不正な入手など世間に広まっていない秘密の手段なんていうがある場合でもこれらの行為というのは一切クレジット会社のルールに反する行為であるからどんな理由があっても行わないようにして頂きたい。

強制失効に関する情報については他のカード会社へ流れる●カードを失効させられてもほかのクレジットは問題ないのであるから1枚くらいであれば良いだろう?とか考える方現在の情報社会にあってはその考え方が信用を消失する心配もあるのです。

なぜなら、強制失効となるケースの場合となると、クレカの会社にて閲覧出来る信用情報機関にあなたの個人情報が記載されてしまうためにあなたの信用情報がなくなってしまう可能性もあるのです。

所有している1枚ですらクレジットを強制没収となるとその他のクレジットカードですら作りにくくなってしまうようですし、更には他に所持しているクレジットさえも没収となることもあるのです。

運良く継続利用できる際にも使用期限切れと同時に使用できなくなることもあり得ます。

何回も書いていますが、没収という扱いになってしまうような使い方はどんなことがあってもしないように、ルールに則ってカードをご利用頂きたいと願っています。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.jobberlures.com All Rights Reserved.